ボーイング737でLチカ

提供: 泣かないでゆり子
移動先: 案内検索

ボーイング737-800

ハセガワ製 ボーイング737-800プラモデルの箱 1/144 No.10690
箱に書いてある完成写真。実はこの写真の737、エンジンが左右逆に取り付けてあるw (フィンが外側に誤って付けてあるw)
翼の付け根にマイコンを内蔵した
半組み立て状態の機体に、ブレッドボードに載せたマイコンを繋いで点滅プログラムの開発中。書き込みにはSTK500クローンを使用。
翼端灯の配線は翼内に内蔵~。塗装と組み立てがヘタクソなのは仕様ですw 修業しなきゃ・・・
翼端灯は翼の裏側に瞬間接着剤で固定、電線は翼の隙間から出している。
地上電源(+3V)はケーブルを主脚格納庫のすき間に通して供給。+、-、電源SWの3線。

後輩からボーイング737-800のプラモデル(ハセガワ製 1/144 No.10690)を頂いたので、ただ作るだけじゃ飽き足らずAVRマイコンを内蔵して翼端灯と衝突防止灯を点滅させてみた♪ なかなか贅沢なLチカ。

点滅している様子の動画

AVRマイコンのスリープ(パワーダウン)機能を使って、タクトスイッチPUSHで電源ON/OFFできるようにしてみた。

回路

回路図

2.4~3Vの乾電池動作のため、マイコンはATtiny13A又はATtiny13Vを使用。無印のATtiny13は電源電圧範囲が2.7~5.5Vなため、乾電池動作(特に充電池)には不向き・・・

内蔵したLEDの詳細
尾灯 白
衝突防止灯(上面/下面) 赤×2
機内灯 白×2
右翼端航法灯 緑
左翼端航法灯 赤
翼端閃光灯 白×2
着陸灯 白×2

欲を言えばロゴライトとか、外側着陸灯なんかもつけたかったけど、このスケールでそれはキビシイ・・・

点滅させるLEDはマイコンに接続、それ以外のLEDはカソードをGNDに落としておくことで、常時点灯とした。全LEDのアノードをトランジスタに接続、トランジスタのベースをマイコンに接続して、全LEDの点灯、消灯を一括でできるようにした。

C言語コード

8ビットタイマにCTC動作をさせ、一定間隔(32ms)で割り込みを発生させてLED点滅の間隔を生成。INT0割り込みを使って、スリープからの復帰、スリープへの移行を行い、電源ON/OFFの代わりとする。

INT0割り込みは、割り込み発生の瞬間に割り込みを無効化cli()し、500ms待ってから割り込み有効に戻すsei()ことで、チャタリング対策にしている。500msも待つ必要はないけどw

ヒューズビット設定

HIGH: 0xFD LOW: 0x6B
SPIEN *
BODLEVEL 1V8
CKDIV8 *
SUT_CKSEL INTRCOSC_128KHZ_14CK_64MS

コード

/*
 * B737.c
 *
 * Created: 2016/03/28 17:56:56
 *  Author: 市川ゆり子
 */ 

/*
--PIN Connection--
1 RESET: N/C
2 PB3:   Beacon light LED Cathode
3 PB4:   N/C
4 GND:   GND
5 PB2:   Right Wing Strobe LED Cathode
6 PB1/INT0:  Push SW to GND
7 PB0:   Left Wing Strobe LED Cathode
8 Vcc:   +5V
*/

#define F_CPU 16000UL

#include <avr/io.h>
#include <avr/interrupt.h>
#include <avr/sleep.h>
#include <util/delay.h>
#include <avr/fuse.h>

FUSES =
{
	.low = (FUSE_SPIEN & FUSE_CKDIV8 & FUSE_SUT0),
	.high = FUSE_BODLEVEL0,
};

void goToSleep();

ISR(INT0_vect) {
	cli();
	_delay_ms(500);	//Chattering Killer
	sei();
	
	//If PushSW pushed go to sleep.
	//But When PushSW pushed for resume from sleep, do not go sleep.
	if(bit_is_clear(MCUCR, SE)) {
		goToSleep();
	}
	sleep_disable();
	PORTB &= ~_BV(PORTB4);	//Land, Nav, Interior lights on	
}
static uint8_t strobe_state = 0;
static uint8_t beacon_state = 0;

//Timer interrupt routine
ISR(TIM0_COMPA_vect) {
	switch (strobe_state)
	{
	case 0:
		//All Strobe off
		PORTB |= _BV(PORTB0);
		PORTB |= _BV(PORTB2);
		break;
	case 3:
		PORTB &= ~_BV(PORTB0);	//Left wing strobe on
		PORTB |= _BV(PORTB2);
		break;
	case 4:
		//All Strobe off
		PORTB |= _BV(PORTB0);
		PORTB |= _BV(PORTB2);
		break;
	case 15:
		PORTB |= _BV(PORTB0);
		PORTB &= ~_BV(PORTB2);	//Right wing strobe on
		break;
	}
	
	switch(beacon_state) {
	case 0:
		PORTB &= ~_BV(PORTB3);	//Beacon light on
		break;
	case 1:
		PORTB |= _BV(PORTB3);	//Beacon light off
		break;
	}
	strobe_state++;
	if (strobe_state == 16)
	{
		strobe_state = 0;
	}
	
	beacon_state++;
	if(beacon_state == 48) {
		beacon_state = 0;
	}
}

void goToSleep() {
	PORTB = 0b00111111; //All lights off.
	set_sleep_mode(_BV(SM1));	//Power down mode
	sleep_enable();
	sleep_bod_disable();
	sleep_cpu();
}

int main(void)
{
	//Peripheral initialize.
	DDRB  = 0b00111101;	//DDRB1 is in. other is out.
	PORTB = 0b00000010; //PORTB1 pull up.
	
	OCR0A = (unsigned int) 8;	//init Counter Compare Register	(for 32ms interrupt interval)
	TCCR0A = (1 << WGM01);	//CTC counter mode.
	TCCR0B = (1 << CS01) + (1 << CS00);		//Counter clock source clkI/O(128kHz / 8) / 64.
	TIMSK0 = _BV(OCIE0A);
	
	//INT0 interrupt
	GIMSK = _BV(INT0);	//INT0 enable
	sei();
	
	goToSleep();
	sleep_disable();
	PORTB &= ~_BV(PORTB4);	//Land, Nav, Interior lights on

	while(1)
	{

	}
}